エコリサイクルセンター鳥取

お問い合わせはコチラ

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?サービス紹介

冷蔵庫・冷凍庫の処分方法7個(無料・有料)廃棄回収してもらえる?

不用品が出るタイミングとして引っ越しや住み替えがありますが、その中でも廃棄に困窮してしまうものの代表格が、冷蔵庫・冷凍庫のような大型家電製品です。冷蔵庫・冷凍庫については粗大ごみ不可となります。そこまでは分かっていつつも、実際の処分方法はどうすれば?となりますと、すこし困ってしまうものです。

必要がなくなってしまった冷蔵庫・冷凍庫のリサイクル方法、できるだけ費用をかけない処分方法、簡単な処分方法などについて、こちらで丁寧にご紹介いたします。

冷蔵庫・冷凍庫はそのままゴミ出しできる?

皆様がご承知の通り、冷蔵庫・冷凍庫については普通に粗大ゴミに出すことは不可となっています。各々の自治体が行っています、有料の粗大ごみ回収・集積場への持ち込みもできない決まりとなっています。

掃除機や電子レンジというような家電製品に関しては、お住まいの自治体のルールに則り、不燃ごみ・粗大ごみに出すことができます。冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機、エアコン、テレビの4種家電は、家電リサイクル法にて、リサイクル処理しなければならないと決まっています。

家電リサイクル法という法律に関しては、2001年施行されました。家電リサイクル法は、家電をゴミとして埋め立て処分するのではなく、家電所有者と製造元が協力し合って不用品家電を回収し、製造元が可能な限り、再利用するといったものです。

冷蔵庫・冷凍庫の無料処分方法4個

古い冷蔵庫・冷凍庫を廃棄するときは、リサイクル料金がマストだと思っている方も多いと思いますが、実は費用をかけずに廃棄するやり方があります。

①状態の良い冷蔵庫・冷凍庫はお店で売る

まだ冷蔵庫・冷凍庫自体が使用できる場合、無理矢理リサイクル処分を行わずとも、中古家電ショップやリサイクルショップ、不用品回収業者へ売ることも可能です。中古の家電として引き取ってもらうケースでは、リサイクル料金がかからないことになります。

冷蔵庫や冷凍庫を引き取ってもらうというケースを使えるのは、製造が約5~7年前までのものと決まっています。そのため不要品に関しては、早めに査定をお願いしましょう。大きい冷蔵庫や冷凍庫は自身で持ち込み査定をするのはなかなか難しいので、業者の出張査定やメール・LINE査定などを活用してみましょう。

当社エコリサイクルセンターでは高額買取も行っていますので、ぜひご利用ください。

②ネットフリマサイトで売る

コンディションのさほど良くないものや、購入してから7年以上経ってしまっている商品であっても、フリマサイトやネットオークションを活用して売ることも可能です。冷蔵庫などの大型商品の場合、送料の方が落札価格よりも高値になるケースがあります。配送手段や送料の額について、調べておく必要があります。

③購入店舗で下取りしてもらう

新しい冷蔵庫・冷凍庫を家電ショップ・販売ショップ・通販ショップ等で購入するときに、処分したい家電を下取りしてくれるケースもあります。家電自体が壊れていてもOKですが、製造年月日に関しては5年から7年以内のもの限定となります。

千円ぐらいから三千円程で査定引き取り、ポイント還元で引き取り、引き取り家電1台につき1万円OFFなど、下取りのスタイルはお店によって異なります。出来るだけ高値で引き取ってもらいたいと考えているのであれば、いくつかのお店で見積もりを依頼して比較しましょう。

④知り合いに譲る

使うことがまだできる冷蔵庫・冷凍庫の場合、タダで知り合いにあげるのが、一番簡単で便利です。引き取りの手段および、先方の設置場所の寸法などを、事前にきちんとお互いにチェックしておくとスムーズでしょう。

冷蔵庫・冷凍庫の有料処分方法3個

冷蔵庫や冷凍庫の処分希望のときは、基本的にはリサイクル処分です。リサイクル処分の手続きをご自身で実行するほか、リサイクル回収を販売店などにお願いするとか、回収業者に委託するという方法が主流です。

冷蔵庫と冷凍庫のリサイクルに必要な料金というのはメーカーにより少々違いがございますが、おおよそ以下のようになります。
・170リットル以下 3,400円+税
・170リットル以上 4,300円+税
販売店・不用品回収業者にリサイクルをお願いするときは、リサイクル費用にプラス、運搬費や処理費などがかかります。

①自分でリサイクルを行う

家電リサイクル券を郵便局調達し、地域が指定している取引所に持ち込むのであれば、リサイクル費用と郵便局でかかる振込手数料だけで処分できます。

リサイクル予定の冷蔵庫・冷凍庫の本体背面に明記されている製造会社とサイズをチェックしてから、郵便局・ゆうちょ銀行でリサイクル料金を納めます。その上で、リサイクル処分する家電を、自治体が指定している所へ自分で運搬して、リサイクルをお願いします。

②不用品回収業者にリサイクルを依頼する

不用品回収業者および家電量販店に冷蔵庫や冷凍庫の処分を依頼すれば、本人が運び入れたりリサイクルの手続きを行う手間がなくなります。

忙しくて郵便局で手続きできない方や、家電が大型で運べないという方も、家からの搬出から、全部お任せでお願いできるのでとても楽です。リサイクル料金以外にかかる費用があります。運び出しにかかる費用や配送運賃、手数料、出張費用などが加算されて請求されます。

地域最安値水準で依頼するなら当社をぜひご利用ください。

③販売店の有料リサイクルを利用する

ネット通販や家電ショップ、販売店などで冷蔵庫・冷凍庫を買いますと、今手元にある不要となった家電を回収処分してもらえるケースがあります。
リサイクルの手続きの詳細については、各ショップごとに様々です。「前もってリサイクル券を購入してください」とおっしゃる店舗もあります。

当社の出張回収をぜひご利用ください

すぐに回収してもらいたい、家からの運び出しもお願いしたい、そんな要望にお応えします。
最短で即日対応!無料お見積りが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらのページです。


通話料無料!電話ですぐに概算見積もり可能
最安値水準!他社より高い場合はご相談下さい!

0120-538-889 LINE問合せ